空き地を活用する

 空き地を積極的に活用すべき5つの理由

 

 

1.きちんと管理しておかないと近隣クレームや犯罪等のリスクが高くなる

 

2.管理コストがかかる(草刈り・ゴミの撤去等)

 

3.もっているだけで税金がかかる

 

4.収入が得られる

 

5.上手く活用できていると資産価値が高くなる

 

活用されていない土地は税金や管理等のコストが掛かるだけの単なる「不良資産」となってしまいますが、積極的に活用することメリットが得られます。

 


  1.きちんと管理していないと近隣クレームや犯罪等のリスクが高くなる

空き地の最大のデメリットとして絶対に避けたい項目としては「犯罪やトラブルの温床になってしまう」ということです。

空き地はきちんと管理していないと、雑草等で荒れてしまい、人目につきにくい荒地ではゴミの不法投棄等の犯罪の温床となってしまう可能性が高くなります。

また、景観を乱す原因になったり、害虫の発生等で近隣クレームの種になることや、子供が不用意に侵入して怪我をしてしまう等、空き地を放置することによるリスクが大きいです。

 


  2.管理コストがかかる(草刈り・ゴミの撤去等)

前項の理由から、空き地をそのままにしておくのであれば、きちんと管理して綺麗で安全な状態にしておく責任がありますが、そのためには現地まで点検に行き、状況によっては除草やゴミの撤去が必要等の手間とコストが掛かります。

近くに住んでいる場合であればまだしも、所有空き地が遠方にある場合などでは現実的に自分できちんとした管理をするのは困難で、現地の業者に管理委託する必要もでてきます。

 


  3.もっているだけで税金がかかる

不動産は所有しているだけで、毎年固定資産税や都市計画税といった税金が掛かります。

三島市では、概ね以下のような決して安くない税金を毎年払う必要があります。

 

固定資産税:土地の評価額×1.4%

 

都市計画税:土地の評価額×0.3%

 

例:坪20万円の100坪の更地の場合

 

20万×100坪=2000万(評価額)×1.7%(合計税率)=34万(年間税額)

 

 


  4.収入が得られる

当然のことながら、上手く土地活用することでその土地から収入を得ることができます。

前項の節税効果と併せて相乗効果が得られれば、マイナスの資産から大きなプラス収益を得られる可能性もあります。

また、たとえ活用後の収支がトントン程度であったとしても、現時点の税金分のマイナスを考えればメリットがあることになります。

そのため、様々な土地活用の可能性を検討し、「最低でも土地の税金はその土地に稼がせる」という発想を持つことが大切です。

 


  5.上手く活用できていると資産価値が高くなる

土地はどのような活用が可能かがわからないうちは、堅めに見積もられて資産価値は低く評価されがちですが、その土地を上手く活用できている状態であれば、その土地の活用された高い価値で評価されます。

逆に下手な活用をしてしまうと、その土地のポテンシャルを最大限に活かせていないということから低く評価されてしまうこともありますので、きちんとした専門家に相談しながら最適な活用を行うことが大切です。

資産価値が高くなれば、相続等で将来的な売却が必要な場合等でも有利になりますので、やはり積極的に活用すべきと言えます。

 


 

  月極駐車場として活用

 

 

1.土地活用の中で最も手軽に始められる

 

2.管理コストが低額(草刈り)

 

3.税金分の収入は得られる

 

4.いつでも転用しやすい

 

土地活用の中で最も手軽に始められる月極駐車場。

投資費用は最小限に抑えることができる上に、駐車場経営を辞めたい場合も比較的簡単に元の状態に戻すことができます。

一定以上の周辺人口があれば比較的安定した収入が見込のも魅力です。

場所によって異なりますが、三島市内では1台につき月額¥4000~¥15000です。

アイ企画は管理費などは一切いただきませんので、賃料から草刈り費用、税金などを除いた、金額が収入となります。

空車リスクを低くしたいという方は、アスファルト舗装にすると、費用はその分かかってしまいますが、地域内での差別化も可能です。(こちらはあまりお勧めをしていません。)

月極駐車場:活用事例

 

 


 

  住宅地でもできる貸農園

 

ご相談いただく方の中には、周りには住宅以外何もない。という土地を所有されている方もいらっしゃいます。

その場合、貸農園への転用もアイ企画ではご提案しています。

貸農園に対するニーズは年々増加しており、特に住宅地内から片道15分程度の場所であれば、幅広い層から問合せがあります。

アイ企画は管理費などは一切いただきません。

最も収益性が高いのは1~10坪程度の小さな区画を貸し出す方法ですが、契約者管理などの手間が発生するため、一括して地域の方々に貸し出すケースがほとんどです。

また、小さな区画にする場合は、水道設備、柵などが必要となるため初期投資が必要となります。

img_6030